サラリーマンとして働いていてお小遣いが足りないと感じたことはありませんか。
もし月に3万円自由に使えるお金が増えたら、より充実した生活を送れるようになります。
月3万円は決して大きな金額ではありませんが、1年間で36万円になるので侮れません。
30万円あればちょっとした海外旅行にも行けますね。
そんな小遣い稼ぎにピッタリなのはスマホを使ったクラウドソーシングです。
クラウドソーシングとは、不特定多数の者が仕事を受発注するシステムで比較的新しい業務形態になります。
募集されている仕事は、実に多岐に渡り専門的なスキルを活かせるシステム関連から気軽にできるアンケート調査まで幅広いです。
クラウドソーシングはパソコンが必須なイメージが強いですが、必ずしもそうとは限りません。
スマホでも取り組めるジャンルの中でオススメなのは、覆面調査です。
オススメする理由は、スキマ時間を活用するのに丁度いいからです。
案件はプロジェクト形式で募集されているケースが殆ど。
プロジェクト案件は応募者が多い場合は抽選となりますが、覆面調査の案件は比較的競争率が低いので狙い目。
クライアントからメッセージが届き交渉が成立することも。
私はメインで配達の仕事をしていますが、空いた時間にスマホを使い覆面調査の案件を受注しています。
報酬については、案件の内容やクライアントによっても異なってきますが、1案件につき1,500円から3,000円が多いです。
その中には5,000円前後の報酬を得られる案件も。
複数のクラウドソーシングを活用することで仕事を探しやすなります。
案件のジャンルは、脱毛や美容系サロンの訪問調査をはじめ保険相談などもあります。
とりわけ人気のあるジャンルはやはりグルメ系の案件ですね。
実質的な費用0円でプロが作った料理を味わえるので競争率も高くなります。
次にオススメするのは大学の学術調査です。
1回限りで仕事が完結するタスク形式で募集されている場合が多いです。
アンケートの内容は、政治意識や心理関連をテーマにしたものをメインにバラエティに富んでいます。
報酬については、アンケートサイトのインターネット調査よりも高く設定されていることが多いので狙い目。
特に年末など特定の時期に依頼が来るのでチェックしておくと良いです。
調査はスマホで完結できるので、外出先などでも取り組めるのです。
最後にデメリットについてですが、パソコンと比べ取り組める案件が限られてしまう点です。
具体的に検品やライティングは、作業量が多くなるのでスマホだと逆に効率が落ちてしまうことも。
システムやデザインなど専門的なスキルを活かす仕事もスマホ向きではありませんね。
クラウドソーシングは在宅で取り組めるのでサラリーマンや主婦に人気が高いです。
稼ぐコツは自分を積極的にアピールしクライアントとの信頼関係を構築することです。
インターネット上には複数のクラウドソーシングサイトがありますが、あなたに合いそうなものを2~3つ選ぶと良いです。
複数のサイトを活用することで受注機会が増えるメリットが。
また、パソコンとスマホをそれぞれ使い分け工夫することで稼ぎを増やせますよ。